患者の細胞を使う方法|糖尿病の症状を知ろう|別名サイレントキラーの語源

糖尿病の症状を知ろう|別名サイレントキラーの語源

微笑んでいる男性

患者の細胞を使う方法

相談

免疫治療とは第4のがん治療と呼ばれ、自分の免疫細胞の機能を高めてがん細胞を攻撃する方法です。外科手術・放射線治療・化学療法は現在使われている治療の3つの柱とされている外的な治療方法です。これに対して免疫治療はがん患者自身の細胞を使う内的な治療だと言えます。外的な治療はがん細胞を攻撃しますが、同時に正常な細胞も攻撃するために副作用がありますが、免疫治療ならば副作用はほとんどないため患者の負担が大幅に減る治療法です。がん患者は免疫機能が低下している状態ですから、この治療で免疫を高めることで効果が上がります。しかし、がんは狡猾でいつの間にか増殖して転移や再発をするので、外的な治療と内的な治療を併用することで効果をより高めています。

免疫治療には色々種類がありますが、代表的な治療として樹状細胞ワクチン治療が挙げられます。樹状細胞は免疫細胞の1種でT細胞にがん細胞の目印を伝達します。すると、伝達されたT細胞はがん細胞を攻撃します。このような免疫システムを持つ樹状細胞を体内から取り出して、体外で培養させることでよりパワーアップさせて数も増やします。この細胞をまた体内に戻すと以前より格段に攻撃力が高くなった樹状細胞ががん細胞をどんどん倒します。樹状細胞に目印を伝達させるためには患者のがん組織が必要ですが、体が弱った状態では取り出せない場合があります。そこで頻出するがん細胞の目印を人工的に作り、樹状細胞に刷り込む方法が取られることがあります。