糖尿病の症状を知ろう|別名サイレントキラーの語源

病棟

自覚に乏しい疾患

病院

実感のない病状

糖尿病といえば、血糖値が高くなり、ブドウ糖をうまく身体に取り入れることができなくなる疾患です。ブドウ糖は身体のエネルギーとなる物質ですから、取り入れることができなくなると、様々な症状が現れます。初期症状としては、喉が渇く、尿量や回数が増加する、倦怠感、目が霞む、立ちくらみ、手足のしびれ、体重減少などがあげられます。また、男女別では、インポテンツや月経異常が現れることがあります。これらの糖尿病初期症状は自覚に乏しく、サイレントキラーと呼ばれることもあります。痛みなどがないため、実感が湧きにくく治療への意識も低いことが多いです。さらに、これらの症状が進行すると、合併症が発生する可能性が出てきます。

3大合併症と治療

糖尿病の症状を治療せず放っておくと、やがて合併症を引き起こします。糖尿病の合併症は、3大合併症と言われています。一つ目は、目の毛細血管が破れたり、閉塞してしまうことにより起こる網膜症です。これは、視力低下や重篤になると網膜剥離を起こし、失明することもあります。網膜症の進行を抑えるために、眼科にてレーザー光凝固術などを行うことがあります。二つ目は、腎臓の糸球体の血管が細くなる腎症です。血管が細くなり、尿を作ることができなくなります。進行した場合には、人工透析が必要になることもあります。三つ目は手や指にしびれが表れる神経障害です。痛みに気づきにくくなったり、細菌感染しやすくなったりするため、気づかず壊死しており、切断しなくてはいけなくなることもあります。これらすべての合併症は、初期症状が悪化したものです。つまり、初期の段階から治療をしっかり行うことで、防ぐことができるのです。気になる症状があれば、病院を受診し、診断されたら適切な治療を受けることが大切です。

相談

患者の細胞を使う方法

免疫治療は外科手術・放射線治療・化学療法に次いで第4の治療と呼ばれています。がん患者自身の細胞を使う治療で副作用が殆どなく、患者の負担が少ない治療法です。代表的な免疫治療として樹状細胞ワクチン治療があります。

女性

クリニック探しのコツ

インターネットが普及して、病院を受診する際に口コミサイトを見ることが一般的になりました。最近ではクリニック独自の治療を自費負担で行っていることが増えているため、料金についての口コミにも注意しましょう。口コミサイトには、客観的に分かりやすい評判を調べられるように数値化された評価項目が設けられています。

にっこり

大便でわかる病気

検便検査は便の状態を確かめることで寄生虫や消化器系の異常を確認にする検査です。現在は寄生虫の検査よりも消化器系の検査が中心で血液が混ざっているかどうか判断することで炎症や潰瘍、またがんが発生しているかどうかを知る事ができます。